大阪府全域・京都・兵庫・滋賀・和歌山の特殊清掃・ゴミ屋敷清掃なら特殊清掃ランテノーヴへ

特殊清掃ランテノーヴ
対応エリア
カード決済OK
電話からのお問合せ・無料見積りはこちらまで
メールでのお問合わせ・無料見積もりはこちらから

対応できるサービス

特殊清掃

ご遺体が発見されたお部屋は、ご遺体から流れ出た体液や血液で汚染されており、 部屋中は隅々まで強烈な腐敗臭で、防臭マスクがないと立ち入ることができないほどの環境です。

また、ハエなどの害虫が発生し、細菌などの感染症の危険性もありますので、ご遺族はもちろん、通常の清掃業者ではとても対処できません。

特殊清掃は、このような現場を原状回復させる技術を持った作業員が、 初期消臭から徹底的な消臭、殺菌、清掃作業、また害虫駆除までを行い、お部屋を原状回復していきます。

特殊清掃の主な作業

消毒・殺菌

ご関係者様が一番悩まれるのが腐敗臭等の異臭です。状況に応じた薬剤・手法による消臭作業で臭いを完全に除去するとともに、殺菌も行います。

初期消毒・殺菌

特殊薬剤による清掃

臭いの原因や汚染の状況を見極め特殊な薬剤等を使用し、壁や床に染み込んだ体液等を除去し、殺菌、消臭します。

特殊薬剤による清掃

害虫駆除

害虫の発生は、不快なだけでなく有害な菌やウイルスを媒介する恐れがあります。徹底的に駆除し、再発生も防ぎます。

害虫駆除

消臭・殺菌

亡くなられてから発見までに時間が経過してしまったご遺体は、腐敗が進み、そこから流れ出た体液や血液は想像を絶する凄まじい異臭を放ちます。 特殊清掃の現場となったお部屋を原状回復していく中で、ご遺族、ご関係者様を最も悩ませているのがこの強烈な異臭です。

現場の消臭・殺菌を完璧に行うことが、特殊清掃の最大の使命とも言えますが、その消臭技術は特殊清掃業者によって様々です。

一口に消臭作業と言っても、単に消臭剤を散布したり、脱臭機をかけるだけでは、臭いを取り去ることはできません。

異臭の発生状況、異臭の原因となっている成分、異臭の汚染箇所などを見極め、それぞれに適した薬剤、方法で対処しなければ 完全に異臭を除去することは不可能なのです。

弊社では異臭の成分や汚染箇所を正確に把握し、それらに応じた消臭処置を行うことにより、徹底した消臭・殺菌を行っています。

原状回復リフォーム

特殊清掃の必要な現場では、ご遺体の体液・血液や汚物、または臭いの汚染範囲が家財道具や部屋の表面だけでなく、 床下や壁紙の内側などまで及ぶ場合があります。 この場合、汚染箇所を撤去が必要になります。 その場合は汚染箇所の解体し、消臭作業や清掃作業を行うことになり、その後リフォーム作業が必要となってきます。

特殊清掃の現場となったお部屋のリフォームは、通常のリフォーム業者ではできません。
弊社では、一般のリフォーム業者に不可能な、腐敗臭の臭い止めの知識や施工技術もってお部屋の原状を回復をいたします。

リフォーム箇所が大きくなればなるほど、当然ながら費用も大きくなります。 弊社では、臭いの除去に最小限な部分のみのリフォームに抑え、 ご依頼主様のご負担を少しでも軽くできるよう、配慮しております。

遺品整理

遺品整理業務とは、通常のお片付けとは違い、亡くなられた方が生前使われた家財道具や思い出の品、貴重品などを 故人やご遺族の気持ちを汲みながら、丁寧に整理させていただく業務です。

本来、遺品整理とは亡くなられた方のご家族などによって行われるものですが、 遠方に住んでいて何度も足を運ぶことができない、 ご高齢で膨大な量の遺品整理ができない、 なかなか気持ちの整理がつかず、遺品整理に取り掛かれない…など、 様々な理由で遺品整理が困難なご遺族に変わり、私たちが心を込めてひとつひとつ丁寧に遺品整理をさせていただきます。

遺品とは亡くなられた方の所有していたすべての品々を指します。
故人が大切にしていた写真や日記や想い出の詰まった物はもちろん、印鑑・現金・重要書類などの貴重品、普段使われていた家財道具や消耗品も遺品と言えます。
弊社ではこれらの遺品を貴重品・思い出の品・供養する品・処分する品に丁寧に選別します。
事前にご依頼主様のご要望をお伺いし、お探しの物を捜索することもできます。

現地供養、お焚き上げも承ってります
お焚き上げ
故人の思い出の詰まった品を一般のゴミと一緒に処分するのは忍びない、故人の大切にされていた品をご供養したい、 そのような思いをお持ちのご依頼者様には遺品等の「お焚き上げ」の手配もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。
現地供養
亡くなられた方が住まわれていたお部屋や、特殊清掃の現場となったお部屋に僧侶に来ていただき、現場の供養していただくことも可能です。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る